インプラント治療

    を行うと

IMPLANT HOME

WATANABE DENTAL OFFICE TOP

  • 歯を1本失った場合
    失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は、健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来ます。
    インプラントとセラミック人工歯を使って、両隣の歯を削らずに治療ができます。
    メリット
    • ■メンテナンスをきちんと行えば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
    • ■天然歯に近い見栄えです。
    • ■健康な歯を削ることなく、周りの歯に負担がかかりません。
    • ■あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
    • ■自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
    • ■口元を気にせず、自然に話すことができます。
    デメリット
    • ■健康保険が適用されない治療となります。
    • ■簡単な手術が必要です。
  • 歯を何本か失った場合
    従来は、局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。
    インプラントは、天然歯と同じような安定性、機能性、見栄えを備えています。
    メリット
    • ■メンテナンスをきちんと行えば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
    • ■天然歯に近い見栄えです。
    • ■あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
    • ■自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
    • ■口元を気にせず、自然に話すことができます。
    • ■入歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消します。
    デメリット
    • ■健康保険が適用されない治療となります。
    • ■比較的簡単な手術が必要です。
  • 歯をすべて失った場合
    従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。この方法なら食物が入れ歯と口腔粘膜を間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。
    インプラントを用いた入歯は安定感があり、お掃除のために自分自身で取り外すことも可能です。
    メリット
    • ■メンテナンスをきちんと行えば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
    • ■天然歯に近い見栄えです。
    • ■あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
    • ■自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
    • ■口元を気にせず、自然に話すことができます。
    • ■健康な歯を削ることなく、周りの歯に負担がかかりません。
    • ■入歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消します。
    デメリット
    • ■健康保険が適用されない治療となります。
    • ■やや複雑な手術が必要です。