HOME > トピックス > クリニックトピックス > 予防歯科

予防歯科

予防歯科

虫歯になる前から歯医者さんへ通う”かけがえ”のない歯を大切にする新たな治療方法

  • 歯医者さんへ通われる方々の考え方が、近年変わりつつあります。これまでの痛くなってから歯医者さんに通うのでなく、日頃から歯やお口の中の状態を最良の状態で保つことを考えているのです。定期的な歯科検診を受けることで、悪い箇所を早期に発見、そして治療を施していく。今注目されている最先端の歯科治療のカタチです。歯医者さんへ定期的に通っている、という御家族が今増えてきています。 日頃から、家族全員の歯と、お口の中の健康状態をチェック、歯を掃除するために定期的に歯医者さんへ通う。今、最先端の歯科医療は、こうした予防歯科という考え方に変わりつつあります。これまで痛くなってからの対症療法としての歯医者さんとのつきあい方が、もっと前の段階、原因の発生時期からケアしていくことによって、ダメージを最小限に抑えようという考え方に変わってきているのです。そのために必要なこと。家族のホームドクターを選ぶこと。継続してお口の中を診て比較、検討してくれるかかりつけの歯科医院を選んでおくのです。
  • ワタナベ歯科医院は、こうした予防歯科の考え方を早い時期から提唱しています。トータルでお口の中のことをケアできる医療技術と、高度な医療設備を備える信頼の歯医者さん。 予防歯科。あまり、聞きなれないこの言葉。たとえば、虫歯などの治療や、義歯などのケア、歯周病やドライマウスの原因究明や治療、予防、また発見が難しいといわれる口腔ガンなどの早期発見のような口腔外科的な観点からも、この予防歯科という考え方は御家族を守るために欠かせない医療のあり方なのです。 歯に関する悩みをメールで受けつけているワタナベ歯科医院では、歯やお口の中のことに関する疑間・質間が数多く寄せられると言います。 その大多数は、末期的な状態になってからの相談。もっと早く、習慣として日頃から歯科医院のチェックを受けていれば、予防できたことだと渡部譲治院長は言います。つまり歯の定期検談の必要性を強調しているのです。渡部院長は、定期的な歯科検診とPMTCを組み合わせて、日頃からお口の中を椅麗にしておくことが大切だと考えています。
  • PMTCとは、定期的に歯科医院で専門家による歯の清掃を受けること。歯科衛生士が、専用の機械を使うことで、歯にこびりついた歯石や歯垢を除去していきます。かかる時聞は、およそ20分程度。こうすることで、歯は見違えるほどキレイになります。 定期的なPMTCで歯を掃除することはもちろん、同時に歯の定期検診を組み合わせ、虫歯予防をはじめ、歯の周辺に起こる病気の早期発見ができるメリットがあるのです。
  • PMTC
  • ワタナベ歯科医院では、検診の他永久歯の運命を決める乳歯からのブラッシング指導をお子様に施したり、不適合な入れ歯やかぶせものの早期改良など、複合的なケアを実施しています。 歯医者さんは、もう痛くなってから行く場所ではありません。虫歯をはじめお口の中の病気の予防のために、そして悪いところがないのか探すために、歯医者さんへ通う。こうした考え方は、今常識になりつつあります。
お問い合せ

問診票ダウンロード

問診票ダウンロードpdf

プリントアウトしご記入の上、
ご持参いただくと受付の待ち時間が短縮される場合がございます。

ダウンロード

歯ブラシプレゼント実施中!

問診票にご記入の上ご持参頂いた方にもれなく歯ブラシ1本プレゼント!