HOME > リクルート > ワタナベ歯科医院 歯科医師臨床研修プログラム単独型

ワタナベ歯科医院 歯科医師臨床研修プログラム単独型

1)研修プログラムの名称

医療法人社団 同仁会 ワタナベ歯科医院歯科医師臨床研修プログラム単独型

2)臨床研修管理委員会の名称

ワタナベ歯科医院臨床研修管理委員会

3)研修歯科医定員

10名

4)研修期間

2019年4月から2020年3月末までの1年間を必修とする。

5)施設の概要

単独型臨床研修施設:医療法人社団 同仁会 ワタナベ歯科医院

① 所在地 神奈川県横浜市都筑区中川4-2-20
② ホームページアドレス http://www.oralsurgery.or.jp
③ 臨床研修施設長 理事長 渡部 譲治
④ 臨床研修プログラム責任者 渡部 譲治
⑤ 指導歯科医 渡部 譲治
⑥ 事務部門の責任者 吉原 礼子
⑦ 施設の概要 ユニット数 39台
オペ室 1室
リカバリーベット 1台
当直室 1室
歯科用3DーCT 1台
歯科用マイクロスコープ 14台
矯正用セファロレントゲン装置 1台
医療用洗浄機 2台
⑧ 常に勤務する歯科医師数 27人
6)研修カリキュラムの概要

①単独型臨床研修
全期にわたり、ワタナベ歯科医院にて行う。

②研修カリキュラム
(1)単独型研修期間(ワタナベ歯科医院にて4月~翌3月の12ヶ月間)
(2)臨床研修プログラム

7)募集要項
①応募資格 歯科医師免許取得者又は2019年度の取得見込み者
②出願書類

1.2019年度歯科医師臨床研修 申請書 2019年度歯科医師臨床研修 申請書ダウンロード

2.履歴書
(医院見学時に提出している方を除く)要写真添付

3.最終学校卒業(見込み)証明書

4.成績証明書

5.健康診断書
(出身大学の健康診断書の写し可。1年以内のもの)

6.課題 小論文 (※指定原稿用紙) 小論文テーマ(※指定原稿用紙、自筆)ダウンロード 小論文原稿用紙ダウンロード

7.課題 歯牙のスケッチ、英文訳(※指定様式)
1)歯牙のスケッチ 歯牙のスケッチ課題ダウンロード 2)英文訳 英文訳課題ダウンロード 英文訳課題原稿用紙(※指定様式)ダウンロード

③選考方法 ・提出課題
・面接
④応募方法 出願書類を郵送してください。
⑤郵送先 〒224-0001
神奈川県横浜市都筑区中川4-2-20
ワタナベ歯科医院 採用係
⑥出願締切 2018年8月28日
8)処遇
①身分 非常勤・医員(研修歯科医)
②給与 160,000円 賞与なし 当直手当あり 交通費支給(月額25,000円迄)
③勤務時間 午前8:30から12:00まで、午後14:00から20:30まで
時間外勤務有 公休2.5日/週
夏期、年末年始、特別休暇あり(当医院就業規則による)
年次有給休暇10日~/年(勤続勤務年数6ヶ月以上) 時間外手当無し
④当直勤務 有り(月に2回または3回)
⑤宿舎・社会保険 なし 家賃手当てあり 上限税込6万円(管理費含まず) ※医院から徒歩15分圏内(直線距離で800メートル以内)社会保険:歯科医師国民健康保険、厚生年金、雇用保険、労働者災害補償保険法の適用あり
⑥健康診断 年1回あり
⑦歯科医師賠償責任保険 強制加入(個人自己負担)医院としても加入有り
⑧外部の研究活動 学会等への参加について参加費用の支給あり
⑨診療所内の控室 あり PCルーム、図書コーナーあり
9)研修歯科医の研修専念義務
  • ■歯科医師法第16条の2
    診療に従事しようとする歯科医師は、1年以上、歯学若しくは歯学を履修する課程を置く大学に附属する病院(歯科医業を行わないものを除く)又は厚生労働大臣の指定する病院若しくは診療所において、臨床研修を受けなければならない。
  • ■歯科医師法第16条の3
    臨床研修をうけている歯科医師は、臨床研修に専念し、その資質の向上に努めなければならない。
  • 上記歯科医師法の規定により、研修歯科医は臨床研修に専念する義務が課されているので、研修期間中のアルバイトは禁止されている。
  • ※研修期間中にアルバイトを行った場合は、上記専念義務に反する行為として、また、当医院歯科医師臨床研修プログラム上の研修専念の違反として、研修プログラム上の教育的指導(研修期間の延長等)厳正な措置をとる場合がある。
10)研修終了後の進路について

1年間の臨床研修終了後、2年目以降において、後期研修または医院への就職を希望する者は、指導歯科医師及び臨床研修管理委員会に相談する事

11)ベーシックコース「基本習熟コース」

一般目標:個々の歯科医師が、患者の立場を理解し、患者の希望に配慮した歯科医療を提供する為に、基本的な歯科診療に必要な臨床能力を身につける。

(1)医療面接 【一般目標】
患者中心の歯科診療を実施する為に、医療面接についての臨床能力を身につける。

  • 【行動目標】
  • ① コミュニケーションスキルを実践する。
  • ② 病歴(主訴、現病歴、既往歴及び家族歴)の聴取を的確に行う。
  • ③ 病歴を正確に記録する。
  • ④ 患者の心理、社会的背景に配慮する。
  • ⑤ 患者、家族に必要な情報を十分に提供する。
  • ⑥ 患者教育と治療への動機付けを行う。
  • ⑦ 患者のプライバシーを守る。
  • ⑧ 患者の心身におけるQOLに配慮する。
  • ⑨ 患者の自己決定を尊重する。(インフォームドコンセントの構築)

(2)総合診療計画 【一般目標】
客観的な根拠に基づく効果的な歯科診療を行うために、基本的な各種検査手段診断 技術並びに総合診療計画の立案に必要な知識、態度、技術を身につける。

  • 【行動目標】
  • ① 適切で十分な医療情報を収集する。
  • ② 基本的な診察、検査を実践する。
  • ③ 基本的な診察、検査の所見を判断する。
  • ④ 得られた情報から診断する。
  • ⑤ 適切と思われる治療法及び別の選択肢を提示する。
  • ⑥ 十分な説明による患者の自己決定を確認する。
  • ⑦ 一口腔単位の治療計画を作成する。

(3)予防、治療基本技術 【一般目標】
口腔の健康を維持するために,齲蝕・歯周疾患の予防・管理に必要な臨床能力を身に付ける。

  • 【行動目標】
  • ① 基本的な予防法の手技を実施する。
  • ② 基本的な治療法の手技を実施する。
  • ③ 医療記録を適切に作成する。
  • ④ 医療記録を適切に管理する。

(4)応急処置 【一般目標】
患者の緊急な訴えに迅速に対処するため,応急処置に必要な臨床能力を身に付ける。

  • 【行動目標】
  • ① 疼痛に対する基本的な治療を実践する。
  • ② 歯、口腔及び顎顔面の外傷に対する基本的な治療を実践する。
  • ③ 修復物・補綴装置等の脱離と破損及び不適合に対する基本的な処置を実践する。

(5)高頻度治療 【一般目標】
一般的な歯科疾患に対処するために,高頻度に遭遇する症例の治療に必要な臨床能力を身に付ける。

  • 【行動目標】
  • ① 齲蝕の基本的な治療を実践する。
  • ② 歯髄疾患の基本的な治療を実践する。
  • ③ 歯周疾患の基本的な治療を実践する。
  • ④ 抜歯の基本的な治療を実践する。
  • ⑤ 咬合・咀嚼障害の基本的な治療を実践する。

(6) 医療管理・地域医療 【一般目標】
歯科医師の社会的役割を果たすために必要となる医療管理・チーム医療・地域医療に関する知識,態度,技能を身に付ける。

  • 【行動目標】
  • ① 保険診療を実践する。
  • ② チーム医療を実践する。
  • ③ 地域医療に参画する。

(7)全身管理 【一般目標】
歯科診療を安全に行うために必要な全身管理に関する知識,技能,態度を身に付ける。

  • 【行動目標】
  • ① バイタルサインを測定し,評価する。
  • ② 全身疾患の歯科診療上のリスクを説明する。
  • ③ 服用薬剤の歯科診療に関連する副作用を説明する。
12)アドバンスドコース「基本習得コース」

一般目標:生涯にわたる研修を行う為に、より広範囲の歯科医療についての知識、態度、技能を習得する姿勢を身につける。

(1)救急処置 【一般目標】
歯科診療で起こりうる緊急事態に対応する為に、必要な救急処置に関する知識、態度、技能を習得する。

  • 【行動目標】
  • ① 重篤な偶発症の対処法を説明する。
  • ② 二次救命処置を説明する。
  • ③ 下顎挙上法による気道確保を実施する。
  • ④ 麻酔器、マスクによる人工呼吸を実施する。
  • ⑤ 末梢静脈路確保を実施する。

(2)医療安全・感染予防 【一般目標】
円滑な歯科診療を実施する為に、必要な医療安全・感染予防に関する知識、態度を習得する。

  • 【行動目標】
  • ① 医療安全対策を説明する。
  • ② アクシデント及びインシデントを説明する。
  • ③ 医療過誤について説明する。
  • ④ 院内感染対策を説明する。
  • ⑤ 院内感染対策を実践する。

(3)経過評価管理 【一般目標】
自ら行った治療の経過を観察評価し、安定した予後を確立する為に、診断及び診療に対するフィードバックに必要な知識、態度を習得する。

  • 【行動目標】
  • ① リコールシステムの重要性を説明する。
  • ② 診療の結果を評価する。
  • ③ 診療の予後を推測する。

(4) 専門的歯科医療 【一般目標】
生涯研修のために必要な専門的知識や高度先進的技術を習得する能力を身につける。

  • 【行動目標】
  • ① 専門的な分野の情報を収集する。
  • ② 専門性の高い診療に参画する。
  • ③ POS(Problem Oriented System)に基づいた医療を説明する。
  • ④ EBM(Evidence Based Medicine)に基づいた医療を説明する。

(5)医療管理 【一般目標】
適切な歯科診療を行う為に、必要となる医療管理に関する知識、態度、技能を習得する。

  • 【行動目標】
  • ① 歯科医療機関の経営管理を説明する。
  • ② 必要に応じた医療情報の収集を行う。
  • ③ 適切な放射線管理を実践する。
  • ④ 医療廃棄物を適切に処理する。
  • ⑤ 電子媒体を使用した医療記録について説明する。
  • ⑥ 電子媒体を使用した診療報酬の算定を説明する。

(6)地域医療 【一般目標】
歯科診療を適切に行う為に、地域医療に必要な能力を習得する。

  • 【行動目標】
  • ① 地域歯科保健活動を説明する。
  • ② 歯科訪問診療を説明する。
  • ③ 歯科訪問診療を体験する。
  • ④ 医療連携を説明する。
  • ⑤ 介護保険制度全体を説明する。
  • ⑥ 居宅療養管理指導を説明する。
  • ⑦ 居宅療養管理指導を体験する。
  • ⑧ 介護保険における医療記録と診療報酬の算定を説明する。
  • ⑨ 他の医療職との情報の共有化を進める。

問診票ダウンロード

問診票ダウンロードpdf

プリントアウトしご記入の上、
ご持参いただくと受付の待ち時間が短縮される場合がございます。

ダウンロード

歯ブラシプレゼント実施中!

問診票にご記入の上ご持参頂いた方にもれなく歯ブラシ1本プレゼント!