インプラントトピックス
インプラント治療とは
インプラント治療の順序
インプラント治療を行うと
インプラントQ&A
トピックスTOP
Dr Malo氏 ご来訪
フランスインプラントオペ
ヨーロッパ基準の滅菌システム
EAO会長フランク・レノワー先生ご来訪
インプラントでこう変わりました!
私もインプラント
今話題の「インプラント」って?






ワタナベ歯科医院で採用しているアストラテック社のインプラントは、世界的な製薬・医療機器メーカーであるアストラゼネカ社のグループ企業、アストラ社によって開発されています。生体親和性に優れ、長期間安定して使用できる素材である純チタンを用いた歯科用インプラントです。1985年から開発に取り込み、現在その研究開発と長期安定性は、世界中で高い評価を得ています。

それは「即時埋入即時負荷」なんだか意味がわからないと思いますが、つまり手術したその日から、新しい歯が入るということ。特に多い症例は、虫歯になった前歯を抜歯して、その日に仮歯まで入るというストレスフリーになったインプラント。周囲からの見た目や、歯の違和感を感じることがない。これが噂になり、今若者の間でもインプラントが注目されているのです。
家族にも気づかれることのない腫れの少ないインプラント手術。ご夫婦の間でも入れ歯であることを知られるのはちょっと…という30~40代の方々にも利用する方々が急増しています。このインプラントという新しい歯科治療。今もっとも注目されている歯の人工的な再生技術なのです。人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製することで、噛み合わせを回復する治療法です。


インプラントには、大きなメリットがあります。誰にも気づかれることなく、それまでと同様に、違和感を感じることなく自分の歯と変わりのない生活が出来るのです。もちろん今では、手術の日から仮の歯が入ります。入れ歯のように長く使っている間に、噛み合わせが合わなくなってガタついてきたりすることもありません。さまざまな食べ物を躊躇なく噛めるのが嬉しいメリットです。

歯を失ってしまった場合、歯と歯の間なら両脇の健康な歯を削って被せるブリッジにする方法があります。しかし、この方法では天然の歯の美しさを失ってしまうというデメリットが生じます。特に笑った場合などに目立つ前歯の周辺になるとその違いは歴然で、特に女性は気になる部分でしょう。こうした場合には、その部分をインプラントにするという治療法があります。これは、失った歯の部分に差し歯を入れるだけで済む方法です。隣の自然の歯に負けないくらいの審美性に優れた歯が再現されるのです。私どもの美しさへの追求は、それだけではありません。傷口の縫合に他の歯科で使う糸より2番手も細いものを使用、熟練した高度な縫合技術で最終的なトータルな美の再現に細心の注意を払っています。
口腔外科的な骨の足りないところへの移植、再生、代用骨使用など総合的に対応が出来るのがワタナベ歯科医院のメリットと言えるでしょう。見た目のぎこちなさ、そして精神的なコンプレックス。こうした無意識のうちに起こる行動に、プラスの方向へ犬きく影響を及ぼすインプラント治療。口元の美しさを取り戻したい、そうお考えなら、一度ご相談ください 。