インプラント治療のご案内
インプラント治療とは
インプラント治療の順序
インプラント治療を行うと
インプラントQ&A
インプラントでこう変わりました
その日に入るインプラント


インプラントQ&A
質問 手術は痛いのですか?
インプラントは局所麻酔下で埋入されるため、術中まったく痛みはありません。術後は数日間腫れることもあります。また術後の痛みが、少し出ますが処方する鎮痛剤で対処することが出来ます。
質問 いくらかかるのですか?
インプラントは、現在健康保険適用外の治療法です。治療費は決して安くありませんが、将来を見据えた安定した歯の維持、そして、歯のことを何も気にすることのない上質な生活を考えた上で、もっとも効果的な自分への投資、インプラントを導入される皆さんは、こうお考えになっています。
天然の歯と遜色ない新しい人工歯が入ることは、とても素晴らしいことです。この治療によって、従来の治療法を用いた場合の、永続的に払うこまごました治療費の出費を省いてくれるのです。
※支払い方法は、分割払いも可能です。お気軽に担当歯科医にお尋ねください。
質問 私の新しい歯は、他の私自身の歯と同じように見えるのですか?
もちろんです。その違いは、通常では歯科医師しかわからないほどなのです。本当に天然の歯のような仕上がりなのです。
質問 本当に自分の歯のような感じですか?
もちろん!インプラントは、骨の中に埋入することで、自分の歯のように咀嚼したり、外見を気にすることなく話したり、笑ったりすることができるのです。以前あった皆さんの歯と、まったく同じ役割を果たしてくれます。そして、驚くことは、ほとんどの人たちが自分の歯とインプラントの違い、違和感を感じることすらないのです。
質問 私の他の歯は、そのまま維持できますか?
はい。インプラントは、他の健康な歯を傷めることなく、無くなってしまった歯を補充することができるのです。従来のブリッジや義歯とは違って、隣り合った歯を削ったり、被せ物をする必要がないのです。
質問 年齢は問題になりますか?
ほとんどありません。しかしながら18歳以下という年齢であれぱ、インプラントの埋入をする前に、成長期が終わっていなくてはいけません。
質問 インプラントに、リスクはありますか?
たくさんの臨床研究では、長期的な治療において、とても安定した臨床結果がでています。他社とは違う特異的なコンセプトに加え、”Tioblast”を採用した表面加工により、とても強固な安定性が保障されているのです。インプラントのねじ部分が、骨の維持と、そのインプラントの保持に大きく貢献しています。このような理想的な構造がすべて、軟組織の自然な豊隆を保つために役立っているので、自然な外見を保つことが出来るのです。
質問 なぜインプラントは、チタンでできているのですか?
チタンは生体への親和性に優れ、オステオインテグレーションとして知られる現象により、骨がチタンヘと馴染んでいくのです。
質問 何回くらい治療に通うのですか?
それはあなたの歯、そして治療法によって変わってきます。オペが一回で済む人もいれば、二回の人もいます。最初の検査、外科的処置、消毒、型取りやその後のメンテナンスなど、6回から8回の段階的な治療が必要です。
質問 手術は全身麻酔ですか?
普通は違います。鎮静法と局所麻酔の組み合わせで十分です。担当歯科医と相談しましよう。
質問 治療中は歯がないままになってしまうのですか?
いいえ、仮歯を入れることは可能です。しかしながら骨移植が必要な場合には、局部に圧力をかけたりするのは、しばらく控えたほうがいいこともあります。
質問 新しい歯はどのようにお手入れしたらいいのでしょうか?
よりよい治療結果を生むためには、よくブラッシングをしてデンタルフロスをかけることが必凄です。担当歯科医から指導があります。
質問 会社や学校は何日くらい休んだらいいですか?
術後に腫れたり、アザができたりすることがありますが、通常、ほとんどの人は翌日には会杜学校に戻っていきます。
質問 禁煙しなくてはいけませんか?
禁煙は強く推奨されます。タバコは創傷治癒を遅らせ、長期的に見れぱ症状を悪化させる恐れがあります。
質問 コーヒー、紅茶、ワインは新しい歯に悪いですか?
あなたの天然歯と同じです。研磨剤の入った歯磨き粉で着色は防げます。
質問 インプラントの義歯と従来の義歯との違いは何ですか?
従来の義歯に比べてインプラントを使った義歯は、本当の歯のような噛み心地、機能が回復します。もちろん自信を持って話し、笑い、食べることができるのです。快適で動かない義歯は、隣にある歯を傷つけることもないのです。
質問 どんな治療結果が期待できますか?
インプラントの歯とご自身の歯は、ほとんど見分けがつきません。フルブリッジの場合には、歯茎とブリッジの間にわずかなスペースができますが、これはほとんど外から見えません。またこのわずかなスペースによって、日常のお手入れを簡単にしてくれるのです。
質問 新しい歯は、どのくらいもつのですか?
もし普段のお手入れが行き届いていて、きちんとメンテナンスされているのならば、インプラントは半永久的にもちつづける事か可能です。しかし、歯冠部分は天然歯と同じように、すり減ったり傷んだりしますが、それは歯冠部分のみの修理、作り直しで対処することが可能です。
質問 なにか問題が起きることはありますか?
最初のころには、それまでと違い発音しにくく感じる患者さんがいます。これは、数日の間で慣れてしまうようです。このような問題も、従来のブリッジや義歯に比べると少ないと言えるでしょう。
質問 何でも食べられますか?
もちろんです。食べ物に関しては、天然歯とインプラントの問には、何の違いもありません。もしもあなたが以前の義歯で食べ物に
違和感を感じていたとしたら、新しいインプラントの歯の機能効果に、とてもうれしい驚きを感じることでしょう。
page top